スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
2歳になりました!
2008年04月23日 (水) | 編集 |
ごぶさたしています。
息子とうぃんのお世話に追われなかなか更新できずにいます。
うぃんは私が妊娠してからいろいろ思うところがあるのか
いろんな方法で反抗していて、今も続いています。
そのことを書きたいのですがたくさんありすぎて何から手を付けたらいいやら・・・
という状態です。
そんなうぃんも今日で2歳になりました。
これからも元気で一緒に暮らしてほしい願いを込めて
バタバタのさなか簡単ながら更新しようと思った次第です。

真魚くん、チャオくん、七宝ちゃんもおめでとう!!!

win-1 002-2-2

win-1 003-2-2

スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2008/04/23 15:17 | うぃん | Comment (17) | Top▲
大変おひさしぶりです。
2007年11月12日 (月) | 編集 |
皆様お久しぶりです。
体調はやっとよくなりました。
体調不良というのは私の妊娠だったのですが
妊娠がわかってからひどいつわりや出血などがあり、
入院か自宅安静かを選ばなければならなくなって
うぃんのお世話もありますので自宅安静を選びました。
それからしばらく点滴に通い、
寝て吐いて唸ってばかりの私に腹が立つのか
うぃんは超凶暴になり、何か気に入らない事があると
私は流血しまくりで足や腕は内出血だらけの傷だらけ。
いきなり警察犬の麻薬犯を捕まえる訓練のように
食いついて離れず頭を振り乱します。
泣いても怒ってもなだめても効きません。
余計にひどくなる時も。
この状態は今も直っていません。
お客さんや配達の方にも噛み付いていく事もあります。
パソコンを開く事もほとんどなく寝込んでいて、
体調が落ち着いてきたと思ったら動けるのでだいぶましではありますが
後期つわりが始まり現在臨月に至ります。
うぃんは発狂したとき以外はいつも通り可愛いです。
今はこれから産まれてくる赤ちゃんを噛み千切ってしまわないか心配。
猫と赤ちゃんと一緒に暮らす方の微笑ましいブログや
妊婦さんに優しく寄り添うニャンコちゃんを見ると
「うぃんはどうして・・・・・・・・・(涙)」と泣けてくる日も何度もありました。
きっと何か感じて寂しいのだと思います。
現在臨月でもういつ出産!となってもおかしくない時期です。
前駆陣痛のような痛みを感じつつこのブログを書いています。

食べたいだけ食べないと怒るので根負けしてご飯をあげていたので
ちょっと太ってしまいました。

20071115071632.jpg


産後は一緒にダイエットしなきゃ・・・。
20071115071630.jpg

背もたれありですがスコ座りもできるようになりました(*^_^*)
---------------------------------------------------------------

2007/11/12 16:06 | うぃん | Comment (6) Trackback (0) | Top▲
しばらくの間お休みします。
2007年04月17日 (火) | 編集 |
ワタシの体調不良のため、しばらくお休みします。
調子が良ければいきなり更新することもあるかもデス。
20070417124332.jpg

うぃんはもうすぐ1歳、ワクチンに行きます。

---------------------------------------------------------------

2007/04/17 12:44 | うぃん | Comment (8) Trackback (0) | Top▲
糸。
2007年03月26日 (月) | 編集 |
術後の事件について書きたかったのに
フードのリコール事件のことがあり遅くなってしまいました。

去勢手術から2週間、うぃんをタワーに上げるときにおタマに違和感が。

よーく見てみるとまだ糸が付いてる!
おタマは黒いし糸も黒いので気が付かなかった…反省。
慌てて先生に電話。
「術後すぐ取っちゃって困る子も多いのに珍しいねぇ、
そんなに長くそのままにしとくなんて。舐めてなかった?」
考えてみたらおタマそのものは舐めてなかった。
というかもともと舐めない。
すぐ連れて行くので取ってもらえるか聞くと、
先生は取るのは簡単だし痛くもないんだけど
うぃんは超暴れっ子なのでおとなしく取らせないだろうから
洗濯ネットに入れて皆で押さえてお尻部分だけをネットから出して
糸を抜く方法しかなく、うぃんが嫌な思いをすることになると思うので
できれば爆睡中に家で取れたらいいんだけど、とのこと。
ええっ!ワタシが!ふとベッドの上を見ると
20070317185656.jpg

爆睡中。
確かに病院はストレスだろうし家で寝てる間に取れたほうが良いかな。
覚悟を決めてダメだったときには病院に連れて行くということで
先生の指示を仰ぎ挑戦することに。ドキドキです。

まずは糸切りバサミを準備しうぃんのおタマを触ってみて
起きない事を確認。
先生の言うとおり結び目と皮膚の間を切ろうとするも
結ぶ目がなかなかつまめずしばし苦戦、
なんとか端をつまみチョキン!切れた。
でも残ってる。おタマの中から糸が一本出ている状態。
これを切ってしまうと中に糸が残ると思い先生に聞くと
「引っ張っても取れない?たやすく取れるはずなんだけどなぁ。でもまぁ残っちゃっても溶ける糸だから…」と言ってるうちにちょっと強めに
引っ張ってみたらプチって感じで取れた!
ビビッてそろそろ~っとし過ぎだったみたい。
先生は「あ、取れた?取れたでしょ?良かった。
それよりも痙攣や癲癇は起きてませんか?
念のためまだしばらく様子を見て
痙攣止めの薬は置いておいてくださいね。
他にも何か心配あれば連絡ください」とおっしゃってくれました。
診察時間にお騒がせしました<(_ _)>

この日ばかりは「頑張ったな、うぃんママ」って感じでした。
20070315200256.jpg

この間約20分。うぃんは一度寝返りをうっただけ。
ずっと寝てました(-_-;)

20070315200255.jpg


ビビリうぃんママと
のんきなうぃんにポチっとよろしくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

---------------------------------------------------------------

2007/03/26 00:50 | うぃん | Comment (9) Trackback (0) | Top▲
フードのリコール!
2007年03月20日 (火) | 編集 |
文章の最後に追記(3/24)があります。


去勢後の事件の事について書きたいと思っていたのに
こんな事件が!これはほっとけません。

 カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は17日、同社が北米で販売した犬と猫向けのペットフードの大規模回収・無償交換を開始した。同社商品を食べて少なくともペット10匹が死んだため、ペットフードの安全性に対する懸念が強まり、飼い主に混乱も広がっている。

 回収対象の缶詰などは犬向け、猫向けそれぞれ40種類以上で、全体で数百万個規模とみられる。小売り最大手ウォルマートなどの店舗でも扱われており、全米の飼い主には非常になじみ深いブランドばかりだ。

 原因は不明だが、同社商品を食べて腎機能障害に陥るペットが続出し、死んだケースが確認された。さらに、同社は他社の有力ブランドも手広く受託生産しており、飼い主の混乱に拍車が掛かった。



リコールサイトを見てみたら色んな会社の製品があがっていました。
うぃんにあげていたものも!血の気が引きました。
うちではたまにニュートロのパウチをカリカリに混ぜてあげると
うぃんがすごく喜んで残さず食べるのであげていました。
英語のサイトなのでよくわかりませんが
ニュートロは缶もパウチもアウトのよう。
ニュースでははっきりといっていませんが
掲示板などに翻訳してくれた文が載っていて
それによると
2月の27日からの実験ですでに40~50匹の犬猫が死んでいるとか。
ひと月経たずにですよ!なんという即効性!
ぞっとしました。
信じて与えていたフードがこんなことになるなんて。
うぃんに申し訳ないです。
輸入元は「日本で発売しているニュートロの製品は
リコール対象には含まれていないからご安心を」と
お知らせを出していますが
リコールサイトに商品の名前が載ってるのを見た時の
驚きと怖さがまだあり
そうは言われても不安は消えないのでワタシはもうあげません。
今は何か症状が出てるわけでもないけど
後悔しています。
大量に購入したばかりでしたので金銭的には痛いですが
もうあげる気はしません。
うぃんはパウチ置き場の前で「これがいい~」っと鳴きますが。
だってそんな工場に一部とはいえ委託していたわけですから…
何が原因なのかはっきりわからないし
絶対に絶対に大丈夫と言う確実な情報もなく
たいして騒ぎにもなっていないし歯がゆいです。

初めてあげたときからひと月くらいですが今は何も症状などが
出ていないしこれからも何もないことを願います。
今思えば去勢手術時の尿検査の時、
「絶食の時は酸性になるのが普通なのに尿がアルカリに傾いている」
と言われたのは置き餌のせいではなくフードが原因だったのか?という
疑問もわき、うぃんには申し訳ない気持ちで一杯です。
大量の在庫は無駄にするつもりです。
みなさんおお宅では今回のリコールフードはあげていなかったですか?
何か情報があれば教えてくださいね。
なにしろ英語は全然わからないので…

まだニュースを知らない方のために一応貼っておきますね。
キャットフード・リコール対象フード一覧

追記
なんなのでしょうか?
ペットフードに殺鼠剤入りの原材料を使うとは…
「安全、安心」「化学合成物無添加」「上質な素材」
そんなことを謳いながらこのようなフードを製造していたとは。
それで「日本に入ってきてる分はリコール対象外です、安心です」
と、言われて信用できますか?
ワタシには出来ません。

【シリコンバレー23日時事】カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製ペットフードを食べた犬や猫が相次ぎ死亡した問題で、ニューヨーク州当局は23日、同社商品を調べた結果、ネズミ駆除用の毒物が検出されたと発表した。
 米メディアによると、この毒物は米国ではネズミ駆除用としては認可されておらず、当局筋は、中国から輸入した小麦粉にネズミ駆除剤が残留していた可能性を示唆したという。
 同社は先週末に北米で、缶詰など6000万個以上を対象にした回収・無償交換を開始した。同社製ペットフードを食べた猫や犬が腎不全を起こし、少なくとも16匹の死亡が確認された。
 同社はペットフードの有力メーカーで、全米のスーパーで商品が販売されている。さらに、競合各社のペットフードも手広く受託製造している実態が判明し、愛犬家や愛猫家に「どのペットフードを買ったらいいか分からない」とパニックが広がった。同社に対する訴訟も起こされた。 


ヤフーの知恵袋への投稿を見たのですが
健康だった猫ちゃんが急に腎不全になって落ち込んでいたところ、
このニュース、
なんとひと月前から今回問題になっている会社ののウェットを
ずっとあげていたらしいんです。
このような猫ちゃんがいるのに「日本のは大丈夫」でしょうか?
うぃんもそのフード食べてましたが
その方のように毎日それだけあげるのではなく
カリカリに少し混ぜる程度だったので尿がアルカリに傾くぐらいで
済んだのでしょうか?
それともこれから何か症状が出るのでしょうか?
考えれば考えるほどわからなくなります。

この殺鼠剤はアメリカでは使ってはいけないものらしいのですが
そんなのが入ってる小麦を中国から輸入し使っていたということは
いくら日本に輸入してるのは大丈夫だといわれても
やはり会社自体のずさんな管理体制を信じる事はできません。
日本輸入分さえよければいいって話じゃないです。

この小麦を使った米産フードは100種類以上あるそうです。


---------------------------------------------------------------

2007/03/20 20:17 | うぃん | Comment (600) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。